看護師の仕事と結婚生活を両立させる2つのポイント

看護師として仕事と結婚生活を両立させることは大変難しい事ですよね。

結婚生活と仕事とを両立させる為に必要なことは2つあると考えています。

1つはパートナーの職種と、もう一つは職場です。

パートナーの職種が大切と思うのは普通の会社員だと残業や接待等で自分にかかってくる負担がとても大きい為、少し特殊な職種を選ぶ必要があると考えます。

一番良いのは、同職である看護師ですが男性看護師というのは今の現状選べるほど多くはありません。そこで看護師の仕事を理解してくれる職種の方ならたくさんいます。

例えば、リハビリスタッフや介護職員など普段私たちの身近で働く職種の方たちは私達看護師の苦労を知っています。ですので、家での仕事は全てとまでは言いませんが、手伝ってくれる事が多いです。そのような職種の男性は優しい方達が多く、仕事終わりで疲れていても効率良く手助けしてくれるので、パートナーの職種はすごく大事です。

次の職場選びですが、病院勤務、特に急性期病院では少し難しいかもしれません。

看護師=急性期病院という考えの方が多いかも知れませんが看護師の活躍できる場というのは数多くあります。回復期病院や老健施設など在宅復帰などです。

今回急性期病院が難しいと考えたのは勤務のばらつきが多く、急な夜勤などが多いからです。それは急変した方や急な入院などで勤務の変化というのがあるからです。

回復期病院などはほとんど勤務表通りに行われる為、急な入れ替わりもありません。その為、仕事を上手くこなすという意味では回復期病院や老健施設はオススメの職場となります。

実際に私の周りの方にリハビリ病院勤務でリハビリスタッフと結婚生活を送っている方がいます。その方は仕事も十分にこなし、結婚生活も上手く行っているようです。

看護師という職業柄どうしても一人でやろうという思いが出るのですが、パートナーをしっかり選びお互いに支え合っていけば仕事と結婚生活の両立は難しいものではないと思います。